Monthly Archives: 7月 2002

SUPER 7 BAN DAISUKE インタビュー

アメリカのマニア向けフィギュア雑誌に
伴大介インタビューが掲載された。
それを特別に一挙公開!

伴大介はキカイダーだ!
キカイダーの伴大介!ギターを弾きながら登場する人造人間キカイダーが、日本のテレビ界にデビューしたのが1972年。伴氏はこのアクションヒーローだけに留まらず、その後はイナズマンとしても活躍。イナズマンや他の作品も好評だったが、やはり伴氏にとって一番思い出深いのはキカイダー。我々にとっても、キカイダーは懐かしい昔の思い出となったように思われたが、ハワイの多国語放送テレビであるKIKU-TVのジョアン二ノ宮社長の手腕により、なんとキカイダーのテレビ放送が実現したのだ!新世代の人気のすさまじさには二ノ宮社長も驚いたそうだ。「29年前と同じように、ちいさな子供達がキカイダーのまねをしたり、テーマソングを歌ったりしているのを見ると、当時に戻ったような気になります。」ラッキーな事に、丁度プロモーションの為にハワイに来られていた伴さんへインタビューさせてもらう機会を頂けた。ジンボが質問を考え、友人、エディーと一緒に伴さんとお会いして、勇気をふりしぼり質問したのだ。

ジンボ:まだキカイダーにこれだけ熱狂的なファンがいることに驚かれましたか?
伴:はい・・・驚きました。
エディ:キカイダーが未だに人気なのはなぜだと思いますか?
伴:キカイダーを大事にしてくれて、30年経ってまた甦られてくれたハワイのキクテレビとJNプロダクションの努力のおかげと、最初のキカイダー世代のファンが辛抱強くキカイダーを待っていてくれたからだと思いますね。素晴らしい事は、キカイダー世代の子供達が、またキカイダーに夢中であることです。
ジンボ:一番好きなエピソードはどれですか?
伴:良く聞かれるんですけどね、特に一つこれというエピソードはないです。
ジンボ:初めて自分がフィギュアになっているのを見た時はどう感じましたか?
伴:一番最初のものはあまり好きではなかったです。ジローらしくありませんでしたね。
おもちゃ会社にもう少しカッコ良く、ハンサムにしてくれって頼んだのですが、番組が放送される時にはすでに出来あがっていたので、変えることは出来ませんでした。
ジンボ:発売されたキカイダーのおもちゃの中で、どれが一番のお気に入りですか?
伴:特にはないけれど、オリジナルのキカイダーマスクは好きでしたね。あのキカイダーの顔はちょっとユニークで他にはなかったから、あれがキカイダーの魅力の一つでした。
エディ:キカイダーのスタントなどを子供達が真似する事を心配された事はありますか?
伴:はい。日本で放送された時には、番組の前にキカイダーの真似をしちゃいけないよ、という30秒ほどのメッセージを流していましたね。
エディ:共演者の方とはいまでも連絡を取っていますか?
伴:はい、何人かとはね。ハンペイやマサル、あとはハカイダーの声役の人とは今でも連絡を取っています。
エディ:キカイダーを撮影している時のスケジュールはどんな感じでしたか?
伴:撮影はとても長く、一日12時間でした。4時起きで、6時には他のキャストと共にバスで現場入りしていましたね。
エディ:どこで主な撮影をしましたか?
伴:山の中か、ビーチか、あとは、東京近郊の採石場でした。
エディ:一日が終わった時にはずいぶん泥まみれなのでしょうね。
伴:泥まみれですね。一番きつかったのは、予算があまり沢山なかったから、
着る衣装などに限りがあったことですね。衣装さんは常に衣装をきれいにしておかなければならなかったし、いつも直しをしていて、大変な仕事だったと思います。
キカイダースーツも当時でも高いものでしたし、何着もありませんでしたからね。
ジンボ:何百万ものこどもたちが見ている、テレビヒーローとしての責任を感じる事はありましたか?
伴:もちろんありました。
ジンボ:あのかっこいいカワサキのサイドマシーンはもらわなかったのですか?
あのバイク、女の子に人気ありますよね。
伴:もうあれは存在しないと思いますよ。
ジンボ:あのサイドカーには、美人が何人乗ったんですか?僕は三人だと思うんだけど、
二人という友人もいる。
伴:一人だけですよ、ミツ子だけです。
ジンボ:なんだ!いまは何に乗っているのですか?
伴:電車です。いま住んでいる所は便利なので、運転する事も車を持つ必要もありませんから。
ジンボ:それではですね、例えば、ある惑星の恐ろしい科学者に催眠術をかけられたりして、もし仮面ライダーとキカイダーが戦うことになったとしたら、どちらが勝つと思いますか?
伴:(長い間の後、言いにくそうに)うーん、強さでいったら仮面ライダーの方が強いかな。でもキカイダーは平和を愛する心がありますからね。両方とも現代には必要だとおもうし、違う勝ち方をしますからね。
ジンボ:ブロンドと黒髪、赤い髪、どれが好みですか?
伴:(にやりと笑いながら)まあ、黒髪ですかね。でもあまり選択のない日本から来た人に
する質問じゃないな。
ジンボ:あのコスチュームだとバイクを運転するのが大変ではありませんでしたか?
伴:ああ、とても大変でしたね。とくに目の穴が小さいし、バイクはガンガン跳ねますからね。僕もキカイダースーツのスタントマンも小さい事故はしましたけど、大きい事故にはなりませんでした。
エディ:キカイダー、イナズマン、バトルフィーバーJなど色々なスーパーヒーローとして
活躍なされましたが、一番好きな役はどれでしたか?
伴:1番がキカイダーとジロー、2番目がイナズマンですね。
ジンボ:素晴らしいインタビューをありがとうございました。

Posted in ニュース